Skip to main content.
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
チタン、ジルコニウムの色の見え方

指輪の表面に2色以上のカラーを発色させたい場合、一色だけの時に見える色味と異なった色味に見える、目の錯覚が起きます。

例えば単色であったなら、いわゆる緑に見える色を、
その隣に黄色を配置したとすると、パッと見た時にはみどりは黄緑の印象を受けます。
逆に、隣に配置された色が青だったら、みどりは青緑の印象を受けます。

また、単体で見れば黒く見えるのに、隣に黄色がくることで、青くも紫にも見える玉虫色という認識になります。

それだけ見ていると黒だと思ったもので、隣にさらに黒い指輪を並べると黒く見えないこともあります。
チタン、ジルコニウムの青と光沢のない黒を比較した場合も、青の彩度が高すぎると黒がグレーにしか見えないといった状況が生まれます。

同じ色に対しても目に錯視がはたらくことを知っておくと、イメージ違いが起こったときのなぞが解けると思います。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»